体臭は食べ物によって改善することができるか

体臭はなかなか自分で気が付くことが難しく、周囲の視線や態度、家族からの指摘などで気が付くことがあります。遺伝的な要素もありますが、汗などから出るアンモニアが体臭の原因となっていたり、乱れた食生活や生活習慣が影響していたりすることが多いです。そのため夏など汗を多くかく時期には制汗剤などを使用し体臭を消そうとしますが、根本的に解決することは難しく、時間と共に再び臭ってしまうことがあります。
体臭を根本的に改善するには、まず腸内の環境を整えることが必要となります。腸内には免疫細胞などがあり、正常な状態であると健康に過ごすことができます。腸内環境が悪いと悪玉菌が増え、腸内は腐敗し毒素が全身に回ってしまうこともあります。毒素が臭いの原因となっているため腸内を整える必要があります。
腸内環境を整えるには、食べ物に注目します。整える食べ物には、緑黄色野菜やキノコ類、海藻類、玄米、ヨーグルトや味噌汁、ザーサイなどがあります。これらの食べ物には食物繊維と乳酸菌が豊富に含まれており、便をスムーズに排出する働きがあります。また、パプリカやトマト、スイカといった食べ物には、リコピンやβカロテンが含まれており、この栄養素は脂質の酸化を抑える働きをします。抗酸化作用の強いものを選んで食べると効率よく臭いを改善することができます。なお、抗酸化作用の強いものはこの他に、リンゴやゴマ、柿、大豆、赤ワインといったものがあります。
逆に体臭をきつくさせてしまう食べ物には、にんにくや玉ねぎなど臭いのきつい野菜や香辛料、アルコール、カフェイン、肉類があります。牛乳やチーズ、バターやスナック菓子といった動物性脂肪が多いものも臭いをきつくさせてしまいます。夏の時期など臭いが気になる時はできるだけ脂っこいものを食べないようにすると良いでしょう。アルコールも赤ワインは臭いを軽減するポリフェノールが含まれているので、そのような飲み物を選ぶと良いです。