体臭が気になる方は飲み物に注意する

わきがなどの体臭がきついと、周囲に不快な思いをさせてしまうので、人混みの多いところを避けるようになったり、満員電車に乗れなくなってしまうことがあります。夏は気温が高く、汗をたくさんかいてしまうため、体臭がよりきつくなってしまうので、市販の制汗剤だけに頼るのではなく、飲み物にも注意するようにしてください。

体臭を少しでも抑えたいときは、食事の際の飲み物を、緑茶にするだけでも効果があります。
緑茶エキスとして制汗剤にも使用されるほどニオイを抑える効果が高く、抗酸化作用もあるので、毎日飲むと良いでしょう。
抹茶に含まれる茶カテキンには消臭および抗菌作用があるので、ツンとするような汗のニオイだけでなく、汗をかいたときに繁殖した雑菌を抑える効果を期待できます。
またココアやハーブティー、レモン水、バナナジュースなどを飲むと、体内をアルカリ性に近づけられるので、活性酸素を抑制して、体臭を抑えられるといわれています。
お酢の中に含まれたクエン酸には体臭予防効果があるので、お酢のドリンクを飲んだり、酢風呂に入るのもおすすめです。
腸内環境の悪化もニオイの原因になりますが、ヨーグルトドリンクを飲めば乳酸菌を摂り込めるので、腸内環境のバランスを整えることが出来ます。

年齢が高くなると、加齢臭が強くなりますが、これは若い頃に比べると、身体の抗酸化力が弱まったため、活性酸素による皮脂の酸化を抑えたり、ニオイ物質の発生を防ぐことが難しくなったためです。
加齢臭を抑えるには、皮脂の分泌を抑えるだけでなく、酸化を防ぐ必要もあるので、肉類を控えて、野菜中心の食事を摂るのが良いですが、苦手な場合は積極的に野菜ジュースを飲みましょう。
体臭を抑えたいときに避けた方が良い飲み物はアルコールですが、代謝の過程でアセトアルデヒドが発生するので、汗や口のニオイがきつくなってしまいます。
アルコールで口が渇くと、さらに口臭が悪化しますし、分解されないアルコール臭を発することもあるので、体臭が気になる方は控えるようにしてください。