体臭対策はボディソープが有効

蒸し暑い夏の季節になると、少し外を歩いただけでも体中から汗が噴出してしまいます。汗かきの場合、自分の体臭が気になるケースが多いです。昨今、臭いによって周囲の方に迷惑をかけてしまうスメルハラスメントが問題視されているので、なおさらです。ただ人間は、周囲の危険なニオイを俊敏に察知するため防衛本能があるために、自分の体臭に気づきにくい傾向にあります。そのため、汗をよくかく方は、周りに迷惑をかけないようにボディソープでの臭い対策が必須といえます。ボディソープを使えば、臭いの原因となる毛穴に詰まった皮脂、汚れをきれいに取り除く事ができるからです。
ただボディソープの使い方を間違えると、実は逆効果になってしまいます。正しくケアするためのコツは、まず体を洗う前にきちんと湯船に浸かる必要があります。湯船で体を温める事で、新陳代謝が促され、臭い物質などの老廃物が毛穴や汗腺から出ていきやすくなるからです。
そして、体を洗う際は、ボディソープを良く泡立ててから、柔らかなタオルあるいは手のひらで優しく擦る事が大切です。ほとんどの方は、絶対に臭いがしないようにとゴシゴシと強い力で体を洗ってしまいがちです。ただ強く洗うと、ボディソープの中の界面活性剤によって、臭いを軽減する皮膚の善玉菌まで洗い流してしまいます。また、必要な角質まではがれて、それを保護しようと皮脂分泌が盛んになってしまいます。その結果、臭いを発する悪玉菌が繁殖して、さらに体臭が強くなってしまいます。ただ足だけは、角質が厚いので、ゴシゴシと強くこすって洗っても大丈夫です。特に足の爪の間は雑菌が非常にたまり易いので、フットブラシでしっかりと洗って汚れを落とす事が大事です。
体臭と言うのは、毎日、ボディソープできちんと体を清潔に保てば、確実に解消できます。仕事場の同僚、家族など周りに不快な思いをさせないためにも、正しく洗うように心掛けるといいです。