体臭を改善する薬

日本人は世界的にみても体臭がしない民族だといわれています。
もともと和食中心の食生活で、お風呂にもよく入る文化があったからです。
欧米人が日本人より体の臭いがきついのは、肉類中心の食生活を送ってきたことが起因しています。
しかし近年日本人の食生活は欧米化してきたこともあり、中には体臭でひどく悩んでいる人も見受けられます。
元来体臭がしない民族だけに、他人の臭いには敏感で、少しの臭いでも気になりケアに励む人が多いのです。
そういった人たちのために、最近ではさまざまな体臭改善グッズなどがいろいろなメーカーから販売されています。
自分の体の臭いのことで悩んでいる人は、そういったグッズも利用してみるもおすすめです。
最近では体臭を予防する薬が注目を浴びています。
薬というと大げさなのですが、体臭改善を目的としたサプリメントなどが多く販売されるようになっています。
改善するだけでなく、中には薔薇の良い匂いに変えてくれるものなどもあり人気をよんでいます。
また、便秘改善や美容にも効果のあるものもあり、飲むことで便臭を消す飲み薬なども話題をよんでいます。
そういったサプリメントには、天然のエキスがふんだんに使用されていて、健康促進にもなるようです。
また、腸内環境を整え、善玉菌を増やすことは臭いをなくすことにもつながります。
乳酸菌や植物繊維などが配合されているものは、内側からスッキリと綺麗にしてくれて、体臭改善になるということです。
体の臭いを消すために香水やスプレーなどでごまかしても、それは一時的なものなので、サプリメントで臭いを消すことができたら簡単です。
体臭予防を目指したサプリメントはたくさん出ているので、それにふくまれている成分をよく確認しながら選ぶようにいいでしょう。
体の臭いは体の中に取り入れるものによってかなり改善できます。
食事の見直しとともにサプリメントを摂取するようにすれば、高い効果が期待できます。

体臭対策はボディソープが有効

蒸し暑い夏の季節になると、少し外を歩いただけでも体中から汗が噴出してしまいます。汗かきの場合、自分の体臭が気になるケースが多いです。昨今、臭いによって周囲の方に迷惑をかけてしまうスメルハラスメントが問題視されているので、なおさらです。ただ人間は、周囲の危険なニオイを俊敏に察知するため防衛本能があるために、自分の体臭に気づきにくい傾向にあります。そのため、汗をよくかく方は、周りに迷惑をかけないようにボディソープでの臭い対策が必須といえます。ボディソープを使えば、臭いの原因となる毛穴に詰まった皮脂、汚れをきれいに取り除く事ができるからです。
ただボディソープの使い方を間違えると、実は逆効果になってしまいます。正しくケアするためのコツは、まず体を洗う前にきちんと湯船に浸かる必要があります。湯船で体を温める事で、新陳代謝が促され、臭い物質などの老廃物が毛穴や汗腺から出ていきやすくなるからです。
そして、体を洗う際は、ボディソープを良く泡立ててから、柔らかなタオルあるいは手のひらで優しく擦る事が大切です。ほとんどの方は、絶対に臭いがしないようにとゴシゴシと強い力で体を洗ってしまいがちです。ただ強く洗うと、ボディソープの中の界面活性剤によって、臭いを軽減する皮膚の善玉菌まで洗い流してしまいます。また、必要な角質まではがれて、それを保護しようと皮脂分泌が盛んになってしまいます。その結果、臭いを発する悪玉菌が繁殖して、さらに体臭が強くなってしまいます。ただ足だけは、角質が厚いので、ゴシゴシと強くこすって洗っても大丈夫です。特に足の爪の間は雑菌が非常にたまり易いので、フットブラシでしっかりと洗って汚れを落とす事が大事です。
体臭と言うのは、毎日、ボディソープできちんと体を清潔に保てば、確実に解消できます。仕事場の同僚、家族など周りに不快な思いをさせないためにも、正しく洗うように心掛けるといいです。

体臭が気になる場合には、病院の何科を受診すれば良いのか

人によって体の匂いは様々であり、それが気にならない臭いならともかく、周りを不快にさせるような臭いである場合には、早急に対策する必要があります。人によっては、体臭くらいで大袈裟にならなくても良いと考える人もいますが、体臭の原因によっては、体に何らかの異常が存在する場合もあるので、出来る限り速やかに病院へ訪れることが望ましいです。
ただ、骨折や頭痛などと異なり、体臭は何が原因なのか分からない場合があり、また病院に行くこと自体が恥ずかしいと感じる場合もあるでしょう。確かに、体臭が尿のような臭いならば腎臓や膀胱などの泌尿器系、汗のような酸っぱい臭いならば皮膚系など、様々な原因が考えられますが、病院側も様々な症例を診てきているはずなので、一番は受付や医師などに訪ねることが一番です。また、体臭はれっきとした受診理由になるので、病院に行くことを恥じらう必要もありません。では、一番最初にどこを訪ねるのが望ましいかといえば、様々な科が入っている総合病院へ行くと良いです。原因がほぼ特定できるとき以外で、小さなクリニックや開業院を訪れると、そこで治療できない場合はまた違う所を訪れなければならなくなり、また一から話をすることも必要となります。その点、総合病院であれば、そこだけで様々な検査を受けることができ、またカルテも様々な科を受診すれば行き来することになるので、原因を早期に特定してスムーズに治療を開始することが可能となります。
体臭の原因の多くは日頃の生活習慣が関係しています。たとえば、運動不足によって代謝が悪くなることにより、汗を作る機能に異常を来すことや老廃物が溜まってしまうこと、お酒や脂っこいものばかり飲み食いすることによって体内環境が悪くなることなどが挙げられます。病院で受診して初めてそれらに気づくこともあるので、たかが体臭とたかをくくるのとなく、速やかに受診することを心掛けておきましょう。

日頃から実践できる体臭予防

日本人はもともと体臭の少ない民族だったのですが、食生活の欧米化などで、最近では体臭を気にする人も増えてきました。
体臭は自分ではなかなか気づきにくいものですから、知らないうちに人に不快感を与える前に予防をしておきたいものです。
食生活と体臭は大きく関係しているといわれます。
動物性たんぱく質や、辛みや臭いのつよい食べ物中心の食生活だと体臭の原因になることがあるので、量をとりすぎないように意識するようにしましょう。
逆に体臭を抑えてくれる食品は、緑黄色野菜や納豆、うなぎ、レバー、ココア、緑茶などです。
ほかにも植物繊維や乳酸菌を多くふくんだ食べ物も効果があります。
ですので、これらの食べ物を日ごろから積極的にとるようにするといいでしょう。
生活習慣の改善も体臭予防につながります。
なるべくストレスを溜めないようにして、タバコやお酒は控えるようにします。
そして生活の中に運動をとり入れて、汗を流すようにしましょう。
さらに、お風呂では石鹸を使い、首のうしろ、わきの下、股の間、膝の裏などを重点的に洗います。
これらの部分は蒸れやすく、汚れが溜まりやすい場所なので丁寧に洗うようにします。
ただし、洗いすぎはかえって逆効果になることがあるので、あまりにもゴシゴシと洗いすぎるのは禁物です。
そして、お風呂には5分以上つかるようにします。
5分以上湯船につかっていると、老廃物が汗と一緒に流れでて、たまった汚れがなくなっていくからです。
朝のシャワーは体臭予防に効果的です。
人は睡眠中かなりの汗をかくので、臭いのもととなることがあります。
ですので、時間があるのであればシャワーを浴びて汗と一緒に臭いを落とすようにするのがおすすめです。
いそがしくてなかなかシャワーを浴びる時間がない、という人は濡らしたタオルで体をふいて綺麗にするだけでも効果があります。
日常の中でも汗をかいたなと思ったらこまめに体をふくようにするといでしょう。

体臭は食べ物によって改善することができるか

体臭はなかなか自分で気が付くことが難しく、周囲の視線や態度、家族からの指摘などで気が付くことがあります。遺伝的な要素もありますが、汗などから出るアンモニアが体臭の原因となっていたり、乱れた食生活や生活習慣が影響していたりすることが多いです。そのため夏など汗を多くかく時期には制汗剤などを使用し体臭を消そうとしますが、根本的に解決することは難しく、時間と共に再び臭ってしまうことがあります。
体臭を根本的に改善するには、まず腸内の環境を整えることが必要となります。腸内には免疫細胞などがあり、正常な状態であると健康に過ごすことができます。腸内環境が悪いと悪玉菌が増え、腸内は腐敗し毒素が全身に回ってしまうこともあります。毒素が臭いの原因となっているため腸内を整える必要があります。
腸内環境を整えるには、食べ物に注目します。整える食べ物には、緑黄色野菜やキノコ類、海藻類、玄米、ヨーグルトや味噌汁、ザーサイなどがあります。これらの食べ物には食物繊維と乳酸菌が豊富に含まれており、便をスムーズに排出する働きがあります。また、パプリカやトマト、スイカといった食べ物には、リコピンやβカロテンが含まれており、この栄養素は脂質の酸化を抑える働きをします。抗酸化作用の強いものを選んで食べると効率よく臭いを改善することができます。なお、抗酸化作用の強いものはこの他に、リンゴやゴマ、柿、大豆、赤ワインといったものがあります。
逆に体臭をきつくさせてしまう食べ物には、にんにくや玉ねぎなど臭いのきつい野菜や香辛料、アルコール、カフェイン、肉類があります。牛乳やチーズ、バターやスナック菓子といった動物性脂肪が多いものも臭いをきつくさせてしまいます。夏の時期など臭いが気になる時はできるだけ脂っこいものを食べないようにすると良いでしょう。アルコールも赤ワインは臭いを軽減するポリフェノールが含まれているので、そのような飲み物を選ぶと良いです。

体臭に働きかけるサプリメント、シャンピニオンやクロロフィル

身体の臭いには原因がありますが、身体のph値が酸性に偏っている、肉や臭いが強い食品(納豆やキムチ)を中心に食べている、毒素が溜まっている問題を指摘できます。身体のph値が酸性に向かっている場合、体内の菌が繁殖しやすくなり、結果として体臭を放つ様になります。対策としては病院に足を運び、原因を判明させるべきです。 
肉や臭いの強い食品を中心にして、毎日食べ続けていると臭いを誘発させます。肉は雑菌を繁殖させる要因になりますが、適量を食べる分には問題は少ないです。日頃から脂が多いソーセージや豚の角煮あたりを食べていると、皮脂分泌も増しますが、体内に脂肪が溜まっていきます。その脂肪は毒素を生み出す根源にもなりますから、野菜やサプリメントで対処する事もポイントとなります。また、湯舟に浸かり汗をしっかり流さないと、毒が身体に溜まっていき、悪臭の要因になりますから、シャワー生活は避ける必要はあります。
サプリメントに配合されている「シャンピニオンエキス」は悪臭の原因になる物質の増加を抑制、消臭する作用が強みです。シャンピニオンは無臭のキノコですが、身体に補給すると徐々に不快な臭いをカットします。濃縮還元してカプセルに高濃度に配合している健康食品は効き目は早いですから、濃度が高いシャンピニオン配合のサプリメントを飲むとメリットがあらわれます。
もう一つ、体臭に有効な物がありますが、「クロロフィル(葉緑素)」は雑菌の繁殖を抑制、殺菌効果、体内の毒素を排出する様にサポートする力がメリットです。スピルリナや小松菜、一部の海藻に含まれていますが、効き目はナチュラルな成分にしては強めであり、シャンピニオンと組み合わせが良い有効成分となります。特にスピルリナには圧倒的なクロロフィルの含有率が目立ちますから、10gの粉末を毎日、摂取するだけでも効き目はあらわれます。医薬品ではないため、徐々に働きかけますが、続けていく事で解毒を成立させます。